ニュージーランド現地留学エージェント

留学ニュージーランド.com

オーストラリアに留学生が戻れる可能性高まる

トランス・タスマンバブル2021年まで延期の可​​能性???

ご訪問ありがとうございます。

オーストリアとニュージーランド間で計画が予定されています、「トランス・タスマンバブル」が後退しているとのニュースがありました。

 

サイモン・バーミンガム・オーストラリア貿易・観光・投資大臣は、17日の記者会見で、

「限られた出張や人道的な理由による特別な免除がない限り、オーストラリア人は2021年まで海外旅行を禁止される可能性が高い」

と語りました。

 

f:id:nz-ryugaku-jmltd:20200618062052j:plain

出所:外務省

コロナウイルスの症例がほとんどない、ニュージーランドや他の国との「旅行バブル」についての話にもかかわらずバーミンガム大臣は、あまり期待を寄せないようにと、警告しました。

 

「最終的には、オーストラリアやニュージーランドへの新型コロナの拡散を抑制し、これらの国と協力して、重要な出張に対処するための安全な道を見つけるために、同様の成功を収めたいくつかの国と、私たちの経済全体に貢献するために、検討できることを願っています」

 

「しかし、残念ながら、関係するボリュームの実用性と何よりもまず私たちが必要としていることだけのために、オーストラリア内外のオープンな観光関連の旅行に関しては、かなり離れていると思います。健康を最優先にしてください」

 

 

バーミンガム大臣に、2021年まで本当に旅行禁止なのかについて話しているのかと尋ねられると、

「正直なところ、私はそれがより可能性が高いと思います」

と答えました。

 

  

来年まで国境を海外旅行者に開放する可能性は低いが、

学生やその他の長期滞在者の入国ルールを緩和することを検討する

と発表しました。

 

f:id:nz-ryugaku-jmltd:20200509112010j:plain

 

 

オーストラリアは、新型コロナウイルスの蔓延を封じ込めるのに大いに成功し、国際的な旅行と厳しい社会的距離のルールを抑制することに起因しているとしています。

 

バーミンガム大臣は、留学生と長期滞在を予定している他の訪問者に帰国市民の検疫ルールを適用できると述べました。

 

 

国際教育はオーストラリアで4番目に大きい外国為替収入であり、年間380億豪ドルにのぼるため、国境が閉鎖され、大きな経済的損失に直面している大学にとって、留学生の帰還は後押しとなるでしょう。

 

オーストラリアでは、留学生が2週間の検疫期間を提供する準備ができている限り、留学生をより早くオーストラリアへ入国させることができます。

 

「留学生やオーストラリアに滞在する他のカテゴリーの滞在者が長期間滞在する場合、14日間の検疫期間を通過するだけで簡単に対応できるという一定の論理があります」

 

「オーストラリア人を今日まで安全に、この国に帰国させているという意味では、とても良い状況です」

 

オーストラリアでは新型コロナが7,300例以上発生しており、102人が新型コロナが原因で死亡しています。

 

「16日でもビクトリア州から多数の新しい新型コロナのケースが報告されています。しかし、21件中15件が検疫中の人々です」

 

ビクトリア州は16日火曜日に21件の新しい症例を報告し、そのうち15件は他国からオーストラリアへ帰国した帰国市民です。

  

「それは規制された帰還プロセスの一部であり、他のオーストラリア人にほとんど、または、まったくリスクをもたらさない環境で、新型コロナのケースが確認されており、オーストラリア人の帰還の状況を管理することができています」

 

「留学生は、同様のプロセスを経る長期滞在の訪問者です。明らかに、オーストラリアの帰国市民のために管理したのと同じタイプのセーフガードを達成する方法でそれを行うことができます」

 

 

オーストラリアでは、7月に留学生の渡航の検討が予定されています。

 ↓↓↓ 詳しくはこちらから ↓↓↓

 

nz-ryugaku-jmltd.hatenablog.com

 

オーストラリアでの留学生の受け入れが現実的に加速するのか?

今後の動向に注視したいと思います。