ニュージーランド現地留学エージェント

留学ニュージーランド.com

ニュージーランドの留学受け入れは来年以降か?!

2020年セメスター2には戻れない

オークランドの水位は1990年代以前の干ばつよりも低い

ご訪問ありがとうございます。

今回のブログが、節目の100記事目になります。

最近は毎日更新してますが、出来る限り頑張ります!

 

ではでは本日は、

オークランド市のフィルゴフ市長は8日、オークランド市の水事情は1993-4年の干ばつのときよりも悪化していると語りましたが、まだ慌てる時ではないとのことです。

5月16日から、オークランド市では水の使用量を減らすように言われますが、最終的にオークランド市が必要としているのは雨です!

この時期の湖は、通常であれば76%ですが、現在は46%です。

市の水の供給を管理する組織、Goff and Watercareは、「5%削減」と、アナウンスをしています。

「オークランドは現在、制限がかかるほど、深刻な干ばつ状況であることを、オークランダーズに知ってもらいたい」

これらの制限には、車や家を洗わないこと、芝生に水をやること、スポーツフィールドやパドックに水をやることが含まれます。


オークランドの人々が十分に節水せず、かなりの量の雨が降らない場合、制限が更に厳しくなる可能性があるとのことです

 

 

本日は、グラントロバートソン財務相とのキャロラインマッケルネ博士が、ニュージーランド政府の新型コロナ対応に関する最新情報を発表しました。 

本日は、警戒レベル3の11日目で、新型コロナ感染には潜伏期間が含まれるため、警戒レベル4から警戒レベル3への緩和による新型コロナの拡散は、そろそろ反映され始めます。

新型コロナの新しいケースは、本日は2件のみで合計で1,491になりました。

本日の新規感染者数ですと、悪い影響はなさそうですね。明日以降も注視したいと思います!

 

現在、1,347人、約90%の人が回復し、3人が入院してますが、ICUに患者はいません。

昨日テストが7,812処理され、1日の最大の数です。全体で、175,835件のテストが完了しました。これはニュージーランド全人口の3.5%に相当します。

これらの数字により、ニュージーランドは、一人当たりのテストが上位20か国に入るとマッケルネイ博士は説明しました。

「これがウイルスの広がりを特定して封じ込めるための出発点であるため、テストは私たちの排除戦略の重要な部分であり続けます」とマッケルネイ博士は語りました。

f:id:nz-ryugaku-jmltd:20200508113045j:image

重要なクラスターは16個あり、そのうち4個は現在閉じています。

そしてマッケルネイ博士は、新型コロナ発生の第2波を防ぐために「安全にプレーする」よう要請しました。これは、パーティーに参加せず、警戒レベル3の制限が解除されるまで地域内に留まることを意味します。

 

留学生がニュージーランドに戻るのは来年以降?!

ロバートソン財務相は、ニュージーランドの現在の新型コロナ排除の成功を考えれば、ニュージーランドに戻る留学生は「来年以降」になる可能性があると語りました。

「留学生が、大学の、次のセメスターに間に合うよう、今年半ばまでに戻ってくる可能性はないだろう」と語りました。

f:id:nz-ryugaku-jmltd:20200508113110j:image

チーン。。。

報道では、クリスヒプキンス教育相は、政府は留学生が安全に隔離されればニュージーランドに帰国できるようにすることを目指していると述べています。

ニュージーランドの国境封鎖解除前に、留学生(大学やポリテクが強く要求してます)が14日間の強制検疫条件下でニュージーランドへの入国を許可する動きがあるとありますが、ロバートソン財務相はあっさりと否定しました。

我々、留学エージェントにとっても重要なことですので、来週以降も、引き続き注視したいと思います!!!

航空機内でもソーシャルディスタンシング

ロバートソン財務相は、ニュージーランド航空は、警戒レベル2でニュージーランド国内旅行が再開した場合、座席のソーシャルディスタンシングの必要性を理解したと述べました。

f:id:nz-ryugaku-jmltd:20200508113132j:image

座席は1座席空けるになりそうですね

新たな賃金補助制度

ロバートソン財務相は、賃金助成制度の期限が切れることと、失業について尋ねられ、財務省の予測は来週の予算に含まれると述べました。

また、「より多くの人々がレベル2の下で仕事に戻るが、他のセクターは制限された活動に直面し続け、それらのセクターを助けるための発表が間もなくできるでしょう」「あなたの仕事を失うことは莫大な苦痛を引き起こし、私たちはそれを完全に理解し、感じています」と、語りました。

f:id:nz-ryugaku-jmltd:20200508113143j:image

以前の、下記2つのブログでお伝えしましたが、新たな賃金補助制度があるのではないかと思います。 

nz-ryugaku-jmltd.hatenablog.com

 nz-ryugaku-jmltd.hatenablog.com

 

 こちらも注視したいと思います!!!