ニュージーランド現地留学エージェント

留学ニュージーランド.com

留学生が7月にオーストラリアへ戻れる可能性_2

先ずは、オーストラリア国内学生にキャンパスを開放

ご訪問ありがとうございます。

 

前回の記事

nz-ryugaku-jmltd.hatenablog.com

 

オーストラリアでは、約12万人(20%)の留学生が、国境閉鎖のため、入国をブロックされており、そのうち7,000人がインドで取り残されています。

 

 

モリソン首相の見解

まず、

オーストラリア国内の学生にキャンパス開放を許可、

そして国境の開放をする

 

f:id:nz-ryugaku-jmltd:20200626171728j:plain

出所:Scott Morrison Facebook

 

オーストラリアのモリソン首相は、26日金曜日に述べました。

 

連邦政府は一部の留学生が試験的に戻ることを可能にする計画について州および準州と協力している。

 

すべての管轄区域に対して強力な最終通告として、
留学生の入国を許可することを熱望している州と準州は、まず内閣が定めた前提条件を満たさなければならない。

 

そして、

 

オーストラリアの学生が大学に戻るまで、留学生はオーストラリアに戻らないだろう。

 

オーストラリア人が、オーストラリア国内を移動できない限り、それは起こりません。

 

国が十分に認識している前提条件にはさまざまなものがあり、それらを適用する必要がある。

 

 

学生が戻る安全な移動(SPSR)

オーストラリア首都特別地域(ACT)のキャンベラ大学(CA)とオーストラリア国立大学(ANU)の2つの大学が7月27日から始まる2学期の前に、最大350人の既存の留学生がキャンベラに戻るセーフパッセージスチューデントリターン(SPSR)の詳細を明らかにしました。

 

  • CAとANUが共同で開始する計画では、学生はチャーター便に搭乗するために出発都市への自分の旅行を手配する必要があることを確認しました。出発都市の場所はまだ確認されていません。
  • すべてのANUとUCのオフショア留学生は、プログラムへの参加申請を提出するために7月上旬に正式に招待されます。
  • プログラムの場所は、ANUが明らかにした情報に従って、上記の選択基準に従って割り当てられます。
  • 出身国の異なる学生はキャンベラに戻ることができますが、この制度の下でどの国が選ばれるかは明らかではない。
  • 潜在的な航空会社と空港の決定は、厳格な安全衛生プロトコルと実際の旅行に関する考慮事項に基づいて行われます。
  • 合格者は、7日以内に受け入れを確認し、航空会社が提供するオンラインポータルを使用してフライトの料金を支払い、セメスター2の授業料の支払いを確定します。
  • さらに、ANUは、プログラムに招待された学生が所定の時間枠内にフライトと授業料を受理または支払わない場合、座席は失効し、順番待ちの次の学生に提供されると述べています。

 

ビクトリア州の状況

ACTの一部の学生の状況は変化していますが、他の州、特にビクトリア州の大学に留学している留学生は、コロナウイルス感染の最近の急増を受けて、当初の予想よりも長く待たなければならない可能性が出てきました。

 

今月初め、ビクトリア州政府のスポークスパーソンは、州政府は教育プロバイダーおよび連邦政府と緊密に協力して、「安全なときに」留学生がビクトリア州に戻るのを支援するための実行可能なオプションを模索していると語りました。

 

 

オーストラリアの進捗状況

モリソン首相は26日、ビクトリア州で新型コロナの感染が拡大しているが、制限措置を引き続き緩和すると表明しました。

同国で2番目に人口が多いビクトリア州では新規感染者が10日連続で2ケタを記録。現在感染している人は国内全体で270人だが、このうち約200人がビクトリア州の患者となっています。

 

また、モリソン首相は、検査体制の強化や軍の動員など感染対策を急いでいるとした上で、州と準州が制限措置の緩和を進めることで26日に合意したことも述べました。

 

オーストラリア政府は制限措置の大半を7月末までに解除する意向を示していますが、解除のぺースは各州・準州が決めるになります

 

 

まとめ

  • 州の国境を開き、オーストラリア国内の学生を戻すことを首相は州に伝えます
  • ACTは、7月に350人の留学生を歓迎
  • ビクトリアの大学で勉強している留学生はもっと長く待たなければならないかもしれない
  • オーストラリア政府は7月末までに制限措置の大半を解除予定